Skip to content

セラピストが確認しておきたい「マッサージ前の準備」

マッサージセラピスト にとってお客様をお迎えする前に必ず確認しておきたいことは「マッサージの準備」です。

心地よくお客様にトリートメントを受けていただくためにも、そしてセラピスト自体が安全に施術できるためにもとても重要なことです。

 

マッサージの準備とは

マッサージの準備とはマッサージするのに適した環境を整えることです。それはマッサージを心地良く受けいていただき、またその効果を有効なものにすることに繋がるとても大切なことです。

しっかりとマッサージに適した環境、準備を整えることで落ち着いた心で施術に臨めますし、またお客様もリラック状態に入りやすくなります。

 

トリートメントルームの準備

整理整頓された清潔なトリートメントルームは、セラピストやそのお店自体のお客様へのおもてなしとプロフェッショナルな心の現れでもあります。気持ちよくセッションを受けていただくためにも不要なものはきちんとしまい、

*お部屋の温度

いくら気持ちの良いマッサージを受けても、部屋の温度が暑すぎたり寒すぎたりして不快に感じてしまうとトリートメントを楽しむ事が出来ません。またお客様側からすると適切でない温度で施術が続けられていくと、セラピスト側にも配慮が欠けているという印象を受けられてしまう可能性があります。

マッサージセラピストは施術をするために動いているので冷房の効いた部屋でも寒さを感じませんが、お客様、特にオイルマッサージなどの時は脱衣している場合が多いので肌寒さを感じる場合があります。自分の体感温度とお客様の体感温度は違うということを頭に入れて、トリートメントルームの準備の時点で部屋の温度を確認することはもちろんですが、お客様ご自身に確認することを忘れないようにしましょう。

もしもスポーツマッサージなどをする場合は、運動の直後に冷えているお部屋でマッサージすると体を急に冷やすことになるので注意しましょう。

また窓などがあるお部屋の場合は隙間風などが入ってこないかも注意しましょう。

*お部屋の照明

間接照明やろうそくの光はくつろぎやすい空間を作り出してくれます。あまり明るすぎる光は脳を刺激しリラックスすることいが出来ません。このような優しい光の中でマッサージするとセラピスト自身もリラックスした状態でお客様の体の状態や施術に集中できます。

あまりないことかもしれませんが、電球が切れかけていたりするとチカチカしてこれもまたリラックス出来ないので、お部屋の準備の段階で確認し、もし必要な場合はトリートメント前に取り替えるようにしましょう。

*マッサージに必要な備品のチェック

マッサージするのに欠かせないマッサージオイル、タオル、シーツなどが十分足りているか、清潔な状態であるかなど確認しましょう。トリートメントの途中で気づいては施術が止まってしまうので、始まる前にちゃんとチェックしておきましょう。

またブランケットなどがあるととても便利です。お客様の体感温度は様々で、男性、女性、筋肉量の差、人種によっても十人十色。タオルやブランケットなどを準備しておくと、体の冷えやすい冬場などには状況に応じて調節できるのでオススメです。

*マッサージベットのチェック

マッサージ専用のベットが理想的ですが、床にタオルやマットを敷いて施術する場合もあるでしょう。そのような時はなるべく厚く重ねてお客様が心地良く感じられるようにしましょう。普通のベットだと柔らかすぎたりして圧などがうまく伝わらない事があるので、出来たら避けた方が良いでしょう。

またヘッドセットの付いているマッサージベットは高さが低すぎたり高すぎたりしないかチェックしましょう。首の位置が適切でないとトリートメント中に疲れてしまうからです。

この他にもお部屋にかけてるヒーリングミュージックのボリュームを確認したり、またトリートメントルームにアロマのエッセンシャルオイルを焚く場合はその準備をしましょう。

 

セラピスト自身の準備

*手のチェック

セラピストにとって手はとても大切な道具であり、お客様の体を知るためのセンサーです。普段から手の手入れをしておくことはとても重要です。爪は伸びていないか、爪切りやネイルファイルを使って短く手入れしておきましょう。特に指にささくれがあったりしても角度によっては肌で感じしてしまうので、お客様に直接触れる手は特に気をつけて手入れしましょう。

また手が冷たいとお客様に触れた時にびっくりさせてしまったり、またお客様の体をこわばらせてしまうので手を温めておきましょう。ホットタオルで手をくるんだり温かいお湯に手をつけたりすると手が素早く温まります。もしもそのようなものがない時は手を思いっきりグーパーするのを繰り返していくと手が少しずつ温まってきます。また指先を揉んだり、指と指の間の水かきのような部分を反対側の指で挟み少し強く押したり引っ張ったりしてみましょう。

当然ですが手の周りのアクセサリー類や時計などは外しましょう。

*身だしなみチェック

髪の毛はトリートメント中にお客様に触れないように結んでおきましょう。服装も動きやすく、そして清潔感のあるものを身につけます。マッサージは体重移動をしながら行っていくのでヒールのない履きやすいものを選びましょう。

*手の準備体操

マッサージを始める前に指や手首などのストレッチをしておくことは運動前に行う準備体操のようなものです。セラピストは手が命なので、1日の仕事を始める前に準備体操して手やその周辺の筋肉を温めておくことは手の負傷を避けるためにもとても大切です。

*深呼吸して心をクリアに

マッサージとは不思議なもので手から色々なものが伝わります。自分が緊張している状態でマッサージを行うとそれが相手に伝わってしまいます。マッサージを始める前には深呼吸して心の中にあるものは全て置いてクリアな状態で行いましょう。

 

いかがでしたか?

ここに書いてあることはセラピストとして当然のことかもしれませんが、根底にあるのはお客様、そしてセラピスト自身も心地良くためにとても大切なことです。

ぜひ参考にされてみてください♪

 

 

アバサアカデミーのお問い合わせはこちらまで⇩